自衛隊のオークションの結果!最安値と最高値は何?平均額はいくら?

カテゴリー その他0件のコメント

自衛隊で不要になった装備品のオークションが26日東京で行われました。

当初は450人の参加を予定されていたそうですが、

コロナ感染者の激増を踏まえ、東京都以外の方は参加を見合わせたようで、

結果、176人の参加となったそうです。

競りは最後には河野大臣もハンマーをたたいたとか。

防衛省の本気がうかがえますね。

さて、ではこのオークションは結果、いくらになったのかご存知でしょうか?

出品は21点で、落札額合計はなんと!581万8千円でした!

オークション最高値と最安値は何だ?

では、この中の最高値はなんだったのでしょうか?

それは航空自衛隊のパイロットのヘルメットなどのセット

なんと66万円!確かに、なかなか手に入りませんからねぇ。

真ん中の金額は開始額(自衛隊が最初に付けた最低額)です

では、逆に最安値は何だったのでしょうか?

これは2種類考えられます。

1点当たりの値段で安かったのが、

自衛隊の水筒及び飯ごうセット。ですがこちらも3万7千円

単価で考えると安かったのが練習艦やまゆきの食器盤。6枚組で17万円。(1枚28333円)

ちなみに平均では、1点29万9百円でした。

なかなか競り落とすには勇気のいるオークションだったようです。

今回のオークションで集まったお金は、

自衛隊の方々の勤務環境改善に使われるとか。

この災害が多発する昨今、自衛隊の方々は本当に最後の砦です。

少しでも環境改善につながればオークションの意義は十分にありますよね。

また、河野大臣は2回目のオークションに向けても意欲を見せているとか。

ヤフーのコメントでは、廃棄する車両やヘリの計器やシートなど、危険性のないものをバラシて出品すればさらに値が上がる、という声もありました。

どうせ処分するものなら、本当に好きな人の手ものとに行くのが物も幸せかもしれませんね。