卒業記念品は何がいい?野球部ならきっと嬉しい!欲しい!

カテゴリー その他0件のコメント

今年の三年生は精一杯部活をしないまま卒業してしまいますね。

熱中症を気にしながらグラウンドで応援をしたかった…。

保護者の方はもちろん、関係者全員が悔しい思いをした一年でした。

卒業待ったなし。何を贈れば喜んでくれるの?

それでも卒業する時期は来てしまいます。

そんな子供たちに何を送ってあげればいいのでしょう?

例年通りフォトフレーム?ですが今年はこれと言った大会もないままで…。

ボールペンやキーホルダーは、なんだか今ひとつピンとこない、そう思いませんか?

贈って喜んでほしい。いつでも身近に置いておけるものがいい。

そこで、こんな卒業記念はいかがでしょうか?

チームのヘルメットを3Dスキャナーでスキャンして、小さなお守りにしてくれます。

年頃の子たちが持つ物。あまり可愛すぎたり、

明らかに「記念品」と分かるものでは照れて使ってくれないかもしれません。

けれどこれなら財布に入れたり、ポケットに忍ばせたりして、

いつでも身に着けてくれるのではないでしょうか。

PRTIMESより

プロ野球公式グッズ製造会社での製造だから間違いなし

こちらはプロ野球公式グッズも製造している、

精密部品メーカーの株式会社キャステム(本社広島)により製造されるものです。

精密部品メーカーならではの高度な技術を活かし、

思い出のヘルメットをミニチュアで再現してくれるようです。

商品はフルカラーバージョンと、

金塗装バージョンがあります。

サイズは縦22mm×横16mm×高さ15mm

フルカラーバージョンはプラスチック

製金塗装バージョンはデュラブルレジン製(耐久性のある樹脂製)

となります。

※同一ヘルメットで 1個の値段
1個単位 2700円
10個単位
(10個、20個、30個…)
1800円
50個単位
(50個、100個、150個…)
1500円

端数が出る場合は別途相談となります。

詳しくはこちらから。

事前に説明文をよくお読みください(だいぶん下まであります)

卒業記念品に込める思いは何ですか?

少なくとも2年間は一緒に練習したヘルメット。

みんなで順番にかぶりあった、チーム共通の思い出ではないでしょうか。

最後の大会は無かったけれど、あなたたちは確かに一生懸命練習していた。

それをこれからの人生の自信にしてほしい。

そう思うのは子どもたちを見守った大人全員の思いのはず。

小さなヘルメットに彼らへの賛美と未来への期待を込めて、贈ってみませんか。