マクドナルドハウス(建都) 宿泊した感想を正直に

子どもを入院させるのは、長期でも短期でも不安なもの。
その不安はお金のこと、病気のこと、病院の先生のこと…など多岐に渡ります。

マクドナルドハウスに宿泊すれば、
もしかしたらその不安の多くを減らすことができるかもしれません。

マクドナルドハウス宿泊の感想

私は子どもの入院をきっかけに昨年、大阪の健都ハウスを利用させていただきました。
健都ハウスに限ったことになりますが、利用した感想をお伝え致します

利点

安い

マクドナルドハウスに宿泊する利点は、何といっても宿泊費が安く抑えられること。
一泊税込1220円で宿泊できます。
(一泊1000円+シーツ利用料220円 シーツ交換をしなくても毎日必要です)
電気代や水道代は込です。
食事は出ませんので「素泊まり」になりますが、
交換用のシーツは前日に伝えておけば用意してもらえます。
洗濯機は1回200円。乾燥機は無料です。

病院から近い

入院している病院に隣接しているので、病室まで徒歩5分という好条件!
病院が駅からも近いので、バスなどの公共交通機関が利用しやすかったです。
建都ハウスでは電動自転車の貸し出しもありました。
入院先が隣接している病院でなくとも
マクドナルドハウスから近いなら相談してみてもいいかもしれません。

激安駐車場利用可能

一日300円で施設前の駐車場の利用ができます。
家族が車でお見舞いに来た場合や多くの荷物を運んできた場合でも
高い有料駐車場を利用しなくても大丈夫!

身軽に宿泊できる

たくさんの企業からの寄付があり、寄付の品々を利用できます。
シャンプー・リンス・ハンドソープ・洗濯用洗剤、柔軟剤は寄付のものを使用できます。
アイロンやドライヤーも貸し出しがあります。
台所や冷凍・冷蔵庫も使用できるので、自炊も可能です。
また、雑誌や書籍
子どもには絵本の貸し出しもありますので、眠れない夜でも大丈夫です。

情報が手に入る

何よりこれが大きいですね。
同じ病院に入院している人ばかりなので、
先生方や看護師さんの情報が実体験を伴って教えてもらえます。
この質問をするならこの先生、採血するときにはこの看護師さんがいいとか(笑)
同じ病気なら病状の相談もできますし、
長期入院を見越して必要な物も教えてくれます。
私は医療の補助金制度について教えてもらいました。

個人主義でも大丈夫

情報を得るためには確かに交流は必要ですが、無理に交流しなくても大丈夫です。
私も大半を個室で過ごしました。
食事の時に少し話す程度でも十分だと思います。
それによってのデメリットは何も感じませんでした。

しかし、高級ホテルより快適な、我が家より寛げる宿泊施設、
というわけにはいきません。
他人が多数利用している以上、お互いへの思いやりは必須です。

欠点

時間制限がある

食事は基本食堂に限られています。
テレビも食堂にしかありません。
食堂や食堂に隣接した台所や洗濯機は夜中は使用できません。

個室≠ホテルの個室

個室の壁があまり厚くありませんので、
音楽を聞くときにはイヤホンをお勧めします。
また、退室時の清掃は自分で行います。
ワンルームでユニットバスなので手間はかかりませんが…。

Wi-Fiが弱い

食堂では共用のWi-Fiは問題なく使用できますがWi-Fiがとても弱いので、
個室でネットを利用する場合にはポケットWi-Fiは必須です

禁煙・禁酒

子どもが宿泊する場合もあり、マクドナルドハウスの建都ハウス内では禁煙禁酒です。
施設外なら自由なのでお好きな方もご安心ください。

利用方法

申込時でも、宿泊後でも
いつでも詳しく教えてくださいますが
だいたいの流れや注意点をお伝えしますね

  1. 先に病院で入院・通院の予約を決め、マクドナルドハウスへ予約の電話をします。
    この時に病院の診察券番号や主治医の先生なども聞かれます。
    (日程は確定でなくてもOK。確定次第改めて連絡を入れてくださいね)
    注意!これで予約確定ではありません!!
    他の利用者さんとの兼ね合いでお断りされる場合もあります。
    (あくまで善意で利用できる施設です。
    お断りされた場合は近くの宿泊施設で空きを待ちましょう)
  2. 入居OKとなれば3日~7日前に電話連絡が来ます(私は7日前でした)
  3. 入居当日に30分~1時間ほど施設の利用上の注意や説明を受けます。
    建都ハウスは13時から入居説明の対応していただけました。
  4. 長期利用の場合は1か月ごとに更新となります。
    (前述の通りほかの利用者さんとの兼ね合いで更新できない場合もあります)
  5. 退室日が決まったら受付に申告。退室日の午前中に退室します。
    もちろん掃除をしてくださいね。
  6. チェックを受けたら清算です。(現金のみ)

コロナ対策

マクドナルドハウス建都では、
廊下の一方通行、利用中の外泊禁止、
食堂での黙食、共用スペース使用後のアルコール洗浄などの制限がありました。
もちろんあちこちにアルコールスプレーもありましたし、
館内はマスク必須でした。

最後に 一番良かったこと

自宅は遠方、
看病のために他の兄弟姉妹を自宅に置いてくる、
というのがマクドナルドハウスの利用を考える家族の実情だと思います。
そんなときに
「我が家だけじゃない」と実感させてくれる
子どもの前では言えない弱音を吐かせてくれる
マクドナルドハウスの存在は大きいと思います。
上手く人と話せない私には
宿泊した個室のノートにあった
先の宿泊者の言葉が寄り添ってくれました。

病気を乗り越える本人が大変なのは言うまでもありません。
それに伴走する家族が少しでも荷が軽くなれる場所が
マクドナルドハウスだと感じました。
たくさんの善意に感謝して、丁寧に使わせていただきました。
ありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました